Drumset

岩瀬立飛の楽器

No.1 NOBLE & COOLEY(ノーブル&クーリー)
 
drum1 drum2
drumtate
ドラムセット4 ペダル ドラム
jingle01tn sd_sk_bbng sd_nc_altn
sd_vc_1tn sd_pe_tn sd_sk_mhgntn
cjn_01tn djmb_01tn dsetnc02_r1_c1

Maple, CD Maple ヤマハミュージックトレーディング株式会社(輸入)

Hi-hat standDW9500

Bass Drum 22″ × 18″
Top: Powersonc Clear
Bottom: Clear Ambassador
18″ × 16″
Top: EVANS EQ2
Bottom: EVANS Resonant
Snare Drum 14″ × 5″ SS CLASSICJB145( SOLID MAPLE )
14″ × 4.75″ ALLOY CLASSIC AC13
14″ × 5″ SAKAE Bubinga
14″ × 5.5″ SAKAE Beech
14″ × 5.5″ SAKAEMahogany
14″ × 4″ YAMAHA VC
14″ × 5″ Ludwig acrolite LM404 60’s
14″ × 37/8″ SS CLASSICJB14P
Top: Coated & Reneissaance Ambassador
Bottom: Snareside Ambassador
Tomtoms 16″ × 14″
14″ × 12″
12″ × 9″
10″ × 8″
(8″ × 7″)
Top: Clear Emperror or Coated G2
Bottom:Clear Ambassador
Cymbals Zildjan
Cymbal List (表はこちら)
Sub Snare 10″ × 5″ SONOR SQ2
10″ × 4″ YAMAHA PE
Top:Coated & Reneissaance Ambasador
Bottom: Snareside Ambasador
double bass drum pedals DW 9002PC
Djembe REMO 13″Paulo Mattioli
Cajon SCHLAGWERK CP-403 2in Oneカホン
Cowbell LP ES-8, 10, 12
ES-2 (left foot w/ DW 5000AD)
Sticks Regal 8A
Vater Sugar Maple 5B
Brushes Regal 583R
Regal Ed Thigpen Model
Hot Rod Regular Size
Mallets Korogi Vibraphone Mallets Medium Hard
Mat Protection Racket

他の組み合わせ

dsetjznc00Bass Drum: 16″Tom w/ lifter Tom12″14″ tokyo_drum0212″14″
↑PAGETOP
Pearl CM
 
drum配置
Bass Drum 20″ × 16″
Tomtoms 14″ × 12″ 12″ × 10″ 10″ × 8″
Cymbals Zildjan
dsetcm00 dsetcm01
↑PAGETOP
Tappyのドラムチューニング
 

ここ何年か「完全4度」、
それぞれも Topゆるめ Bottom高め の「完全4度」差
にしていることが多い。

基本的にすべてのボルトは均等。
Pitch = 全体の音の高さ
Ring = ヘリ(ふち)を軽く叩いた時に出る音の高さ、
ボルトが均等に締められているかどうかをチェックするときに聞く音。
(反対側のヘッドを手などでミュートすると聞こえやすい)
いわゆる倍音のようなものだが、ドラムヘッドは膜振動
(正確には部分音と呼ばれる、詳しくはその手の文献を参考に)
全体の音に対しての確実な音程ではなくあくまでその音に近いといった感じである。
しかも叩いているとすこしづつ緩んでくる・・・完全な調律は不可能。

TomTom (8”) 10″ 12″ 14″ 16″
Pitch(≒) C G D A E
Top Ring G D A E B
Bottom Ring C G D A E
Snare Drum 10″ 14″
Pitch(≒) F C
Top Ring C G
Bottom Ring F C
Bass Drum 18″ 22″
Pitch(≒) C A?
Batter Ring G E
Front Ring C A

上記の音程より全体を高くした場合「こんこん」とした「ピバップドラム」に代表されるような明るい締まった音になる。
また、その逆の場合は音の余韻の長い「どーん」としたふくよかな音になるが遠鳴りはしなくなる。

Jazzセットの場合

5度仕様(これより全音下げバージョンもあり、昔のアースキンみたいな音になります。)

Jazz Set - Snare 12″ 14″ 18″
Pitch(≒) - B E A D
Top Ring - F# B E A
Bottom Ring - B E A D

Bass Drumはドーンという音なので打面をミュートしています(ノーミュートのときもありますが・・・)。

4度仕様

Jazz Set - Snare 12″ 14″ 18″
Pitch(≒) - G D A E
Top Ring - C A E B
Bottom Ring - G D A E

完全5度です。
Bass Drumはわりとコンコンした音になってきますのでミュートはしないか少し。

余談ですが、
Bass Drumの音楽の中の役割は、あくまで低音部の表現と捉えていますので、
あまり固有のピッチが連続して出るのは好きではありません。
例えば、こういったピッチ高めでオープンな 音のときはサンバキックなどはやりません。

もちろんこれですべてではなく、要望、状況、天気、気温、湿度、機嫌、気まぐれ、思いつき、などにより変化あり。

↑PAGETOP