Column

13.スタイル その1


同じ日
同じ楽器
同じセッティング
同じチューニング
同じマイク
同じエンジニア
同じミックスバランス
同じ・・・
によるものです。
せーので録音しています。
頻繁に行われるプロツールズによる、修正、編集は行っておりません。たぶん。確かそうだったような・・・
いまやフォトショップでの修正疑惑、整形疑惑・・・どの世界いってもいろいろありますもんね。
ま?知ってて騙される喜びというのもありますから。

(著作権上の問題もありますので期間限定の公開です。)

01 Quien Sera.wma.MP3
08 Samba Do Soho.wma.MP3
09 A Foto De Formatura.wma.MP3

さまざまなスタイル、ジャンルの「叩き分け」といったお話になりますが、
「ジャンル別、スタイル別講座!」
みたいなどっかの雑誌社の特集と同じではしょうがないので・・・

実際のところ、私の場合「叩き分け」みたいな大それた意思も無く。
せいぜい雰囲気作りをやってるぐらいの感じです。

それぞれの曲だけでなく、
一曲の中にもいろいろな展開があります。
まわりをよく聴いていれば大体のところはわかるはずです。
さらによく聴いてみると、自分に足らない部分、未熟さもわかるかもです。
・・・折り合いを見つけて楽しくやりましょう。

「このパルスは正確無比だ」
「〇〇のグルーブをルーツに・・・」
「80年代のNYスタジオシーンでは・・・」
「ブラジル音楽とジャズの融合は・・・」
みたいな聴き方する人いないって。
評論家だってほんとにわかってんのか不思議・・・???・・・
雰囲気あればいいんでないかい。

←戻る