Column

12.クラーべは5拍子


クラーべ

「おもて」「うら」「休符」の考え方はありません。
似た考え方で日本の「三三七拍子」があります。
(実際はただの4拍子)
必ずこの5拍で永遠に繰り返します。
途中でひっくりかえるとか拍が増える減ることは原則厳禁。

たとえば16ビート(フィール)の場合1小節で1パターンになっていますよね。
怒ツツ怒・多ツツ怒・ツツ怒ツ・多ツツツ(この場合3?2の音形?)
この場合「4拍で一回り」みたいなものです。
よって、「2拍で一回り」見たいな事はダサいとされます。

しかし・・・クラーべをひっくり返してしまう曲も今現在ではたくさんあります。
この時点でフュージョンとか言われてしまいますが。
今はキューバ人もやるようになりました。
(あんなにこだわっていたのに・・・)

3?2しか存在しない

起源的には必ず3?2で始まります。
3?2でカウントしてからです。
2?3が行われるときは3?2でカウントが始まり、
3のさいごの拍からアンサンブルが始まります。
2?3は必ずくって始まります。クイです。
(8分グイ、4分グイとかいわれています、どちらも普通にありです。)

クラーべはメロディー

メロディーです、旋律です。短いですが。
なまったり、もたったり自在なわけです。

厳密厳格な繰り返しは全く要求されていません。
歌の一部になっていれば良いぐらいのものです。
そもそもフィール(リズムの感じ)がフィットすればよいので、
「パターンにするな。」ともいわれるぐらいです。
ほかの楽器たちにもいえます。(おおいに)

そんなにリズム自体を支配するものでは無く。
リズムの上に乗っかっているぐらいの存在感です。
それを軸に組み立てられているぐらいなものです。
多少それぞれの長さが変わろうとクラーべはクラーべです。
8/6への行き来も自由なわけです

ちょっと後ノリです。(カンパナもさらに後ノリ)。
ソンクラーべ、ルンバクラーべの違い

先ほどいったようにメロディーですから、
現地の人々にとっては、名古屋弁と関西弁ぐらいの違いです。
(違うか・・)
ルンバクラーべのほうが難しいとされていますが全く違います。
「おもて」「うら」「休符」などを考え方の基準にした、
西洋人式の(ある意味最悪の・・・)解釈の結果です。

オンクラーべ・オフクラーべ

カスカラ、パイラなどからもクラーべの位置はわかります。
しかし、太鼓類はクラーべのスキマ(鳴っていないところ)
に入る場合が多いのです。
ワワンコが良い例で、コンガを聴くとクラーべに逆行しているようにも聴こえます。
いろいろ迷わされます・・・
最近のチンバとかのキックスネアはクラーべのいないところでなる場合が多い。
ソンゴパターンはもう化石時代的なものになりつつあります。

大体の曲は、聴けばどういうクラーべがフィットしているかわかるのですが、
予測不可、難解な曲もあります。
その場合は大体2?3です。
よくわからないときは2?3と覚えておいてください。
3?2はわかりやすいです。.

実際は2拍子
カンパナ(大カウベル)は2拍子打ち。
聴けば納得、ただの二拍子・・・
こうでないと踊りにくい。
「イン2」と言うよりも「オン2」らしいです。

頭打ち文化

手拍子が起こると、
1拍目(1&3拍目)で手拍子を打ちます。そういう人たちです。
バックビート(2&4拍アクセント)の文化はありません。
日本と同じです。

弊害・・・
体に染み付いてしまうと、
たとえば2?3での演奏のときに、
誰がほかの人が3?2をやってしまっている状況。
この違和感、気持ち悪さ。
何も知らなければ気持ちよく出来たのに・・・

ほかの国のクラーべ

モロッコ、ヨルバ族(キューバ黒人の起源)には存在します認められます。 

ブラジル音楽、サンバ、ボサノバにクラーべはありません。
しかも、リムショット(クロススティック)のパターンプレイは厳禁です。

余談

とりあえず私は歴史研究家でも無いので、
私的見解でお話します。

中米の島国キューバの音楽は、

スペイン人が持ち込んだ音楽と、、
アフリカ人奴隷の持ち込んだ音楽が発展して出来たものである。
が・・・
スペインの音楽とは、
フランス、イタリアなどのラテン語圏のいわゆるクラシック音楽と、
地方民族音楽がある。
スペインの現在の領土のほとんどは、イスラム王国の領土であった時期も長く、
イスラム音楽の影響がほとんど。
イスラム音楽を西洋の楽器でやっていただけでは無かろうか。

モロッコ周辺の音楽は何かフラメンコに似ているなと思っていたが、
とんでもない、起源(オリジナル)はこちらのほうであった。
しかもモロッコは2拍子で感じるのが基本。
ただ2拍子を感じる音形はほとんど無い。

アフリカ人自体もイスラム圏の影響も受けていたので、
本来どこが起源かは、結局わからない。

ユーチューブで検索して,聴いてみよう。
(morocco),(rai),(Yorba),(gnawa),(Cuba)

←戻る